ロルフィングDays2018に参加します!

毎年、ロルフィングの創始者アイダ・ロルフさんのお誕生日を記念して全国的に開催されているロルフィングDays。今年も名古屋でも5月20日に開催することになりました!
親子で知ろう!遊んで学ぶ身体のつくり@名古屋

自分の姿勢が気になったり、子供の机に向かう姿勢が気になったり、姿勢が気になることは多いとは思いますが、身体のつくり、どれくらい知っていますか?

このワークショップでは、お子さんの身体に触れながら、時にお子さんが親御さんの身体に触れながら、身体のつくりはどうなっているのかを学んでいきます。

骨と筋肉の違いや、関節の場所、からだはどう動いているのかを、実際に触ったり動かしたりしながら知っていきます。

身体の基本構造を知ることで、普段どこを気をつけたらわかるようになるのが鍵!そして、ワークショップ後には、きっとなぜか身体もスッキリです。「ここが正しい」という場所に座るのではなく、「ここが正しい」と感じる場所に座れるように、「座る」という動作もチェックしていきます!

詳しくはこちら

Continue Reading

ロルフィングとは

ロルフィング、ロルファーユキ、姿勢改善、ピラティス

ロルフィングは、からだの輪郭を担う“筋膜”に手などで圧をかけて整えながら、

その“筋膜”を癖づけてしまう、からだの使い方の指導、

そして、“筋膜”に影響するからだの感覚に働きかけていきます。


ロルフィングは何か違う!!

ロルフィングには他のワークにはない、いくつかの特徴があります。

①重力の中でのアプローチ

私たちは重力の中で生きています。そして筋力の低下に伴い、その負担は強く感じるもの。ただ、重力の中でからだ全体のバランスさえとれていれば、その負担は軽くなるのです。

②姿勢を形づくる筋膜へのアプローチ

姿勢は何で形作られているのか?骨?筋肉?実はそのすべてを包み込んでいる筋膜というものによって形が保たれています。ここが変わらなければ、姿勢はなかなか変わりません。

③筋膜に癖をつけてしまっている動きへのアプローチ

実は、日々の生活の中で何気なくしている動きによって、筋膜はまるで形状記憶していくように癖づけられていきます。癖をつける動きを改善することなくしては、長い持続する効果が得られないのです。

④クライアントの感覚、意識へのアプローチ

自分のからだを感じてみることで、今まで意識していなかったからだの部分や無意識でおこなっていた癖に気づき、意識していくことで、からだも動きも大幅に変わります。その人自身が“変わる”意識を持つことは、とてもパワフル。それをサポートし、知らず知らずとそれができるようになるお手伝いをしていくのがロルフィングです。


お申し込み&お問い合わせはこちら

予約状況はこちら

Continue Reading