ロルフィングに関するドキュメンタリーフィルム

 

ロルフィングに関するフランスで作成されたドキュメンタリーフィルムです。

 

完全フルバージョン(26分)

 

短く分けるとこうなります。

・効用 2/7

この中に登場するHubert Godardという先生が、私のロルフムーブメントのトレーニングでの恩師です。そのため、私の提供するロルフィングのスタイルはこちらのドキュメンタリーフィルムで紹介されているセッションと似ています。参考までに。
Continue Reading

Q.はじめはロルフィング®10シリーズを受けた方がいいのでしょうか?

A.

からだの痛みなどは、患部に原因があるとは限りません。

特に慢性的な痛みに関しては他のからだの部分との関係が強いので、からだ全体へのアプローチが効果的です。

からだの全体のバランスを調えるのであれば、10シリーズで時間をかけて根本から改善していくことをおすすめします。

けれど、10シリーズでなくてはいけない、というわけではありませんし、私のクライアントの中にも10シリーズ以外の流れでロルフィングを受けていらっしゃる方もいらっしゃいます。ご相談ください。

Continue Reading

Q.10シリーズを受ける利点は何でしょうか?

A.

じっくり時間をかけて、全身の筋膜のバランスだけでなく、からだへの意識や動かし方にまでケアしていくことで、その後の続効果が違います。また、10シリーズという、“はじまり”と“おわり”のあるシリーズの中でのセッションは、からだにじっくりとプロセスをふむ時間を与えてくれます。

Continue Reading

Q.10シリーズを受ける間隔は?

A.

1週間から2週間で受けられる方が多いですが、長い方では1ヶ月間隔の方までいらっしゃいます。

常に同じ周期でなくてはいけないわけではないですし、ご自身のご都合とからだに合わせて決めていただけます。

経験的には、比較的継続的な強い痛み(頭痛、腰痛など)がある方は、最初、短めの周期で受けられた方が効果が高いように感じています。1ヶ月間隔の方でも驚くほど変化をする方が多くいらっしゃいますが、そういった方は日々の中で自分のからだに意識を向けられている頻度が多いように思います。

Continue Reading

Q.セッション前後にしてはいけないことはありますか?

A.

セッション前は、飲酒、鎮痛剤の服用などはお避け下さい。

 

またセッションの内容によっては、あまりに満腹だと苦しく感じることがあります。

 

セッション後は、直後の激しい運動は気をつけた方がいいかもしれませんが、

その他に関してはからだとご相談の上、ご自身で決めていただいて構いません。

(セッション後の飲酒はまわりやすくなることがあるので、いつもよりゆっくりペースで飲み、お水もしっかりとることをおすすめします。)

Continue Reading

Q.妊娠中でもロルフィングを受けられますか?

A.

一般的に言われているように、安定期に入り、お医者様からの許可が出ていれば大丈夫です。ですが、安定期に入る前が身体的につらい時期でもあったりするので、肩周りや背中のセッションなど、ご本人が望まれる場合はご相談のうえ受けさせていただいています。私のセッションでは、産前に適し、産後の準備につながる運動も取り入れたロルフィングセッションを提供しています。

Continue Reading

プロフィール

ロルフィング、ピラティス、名古屋、金山、青山、東京、アドバンスト、ロルファー、ユキ
小鹿有紀(おじかゆき)
愛知県名古屋市出身、在住。
愛知淑徳中学・高校卒業後渡米。米国コロラド大学ダンス学部卒業(BFA)
 ・
◎Twitter @rolferyuki
◎Instagrum @rolfer_yuki
 ・
幼少期からダンスを始め、それ以外にも各種スポーツやアートに挑戦。その中でも柔道で学んだ経験は、ダンサーとしても、ロルファーとしても大きな影響を与えている。大学はダンスの勉強のため渡米。在学時にアメリカでベスト9ダンサーに選ばれ、ケネディーセンターにて自己振付ソロ作品を発表。在学時から在籍していたダンスカンパニーを通じて、ヨガ、気功、太極拳、合気道のエッセンスも学ぶ。
 ・
最初からダンスがうまかったわけではなく、身体の使い方が原因で肩こりや腰痛を持ちながら試行錯誤。大学卒業後、ロルフィングと出会い、その理論の中でダンサーとしても試行錯誤してきたことの科学的背景を知り、魅了され、ロルファーになる。
 ・
ロルフムーブメントの資格は、ロルフムーブメント界の第一人者であるフランス人ロルファーHubert Godardに師事。その後、自分のメンテナンスとして利用していたピラティスの資格も取得。ピークピラティスでフル認定過程を修了。
通訳やアシスタントとして多くのロルファー養成コースに参加。他にも様々なピラティス団体での養成コースや継続教育プログラムやカンファレンスに通訳として参加し、そこからの学びは見識を広くしてくれている。
日本でただ1人のピラティスのフル認定過程を修了したアドバンスト・ロルファーであり、動きを扱うことを得意とする数少ないロルファー。とてもシンプルなのに今までになかった動きを引き出す手法には定評がある。
プライベートでは2人の女の子を含む4人家族。2014年にダンサーとして舞台復帰。現在もダンスと仕事を楽しみながら生活している。気分が上がるのは、高い場所、素敵なカフェ、温泉、ひとり時間。時間があれば、映画、美術、舞台鑑賞に出向くのも好き。

著書:

「硬い体もムリなく伸びる!らくらくストレッチ」ストレッチのコツを知りたい方に。

「ヒントは自分のカラダの中にある 賢いカラダ作り」疲れにくからだを手に入れたい方に。

声が聞けます!ポッドキャスト・インタビュー。→ こちら

Continue Reading