ロルフィングに関するドキュメンタリーフィルム

 

ロルフィングに関するフランスで作成されたドキュメンタリーフィルムです。

 

完全フルバージョン(26分)

 

短く分けるとこうなります。

・効用 2/7

この中に登場するHubert Godardという先生が、私のロルフムーブメントのトレーニングでの恩師です。そのため、私の提供するロルフィングのスタイルはこちらのドキュメンタリーフィルムで紹介されているセッションと似ています。参考までに。
Continue Reading

Q.はじめはロルフィング®10シリーズを受けた方がいいのでしょうか?

A.

からだの痛みなどは、患部に原因があるとは限りません。

特に慢性的な痛みに関しては他のからだの部分との関係が強いので、からだ全体へのアプローチが効果的です。

からだの全体のバランスを調えるのであれば、10シリーズで時間をかけて根本から改善していくことをおすすめします。

けれど、10シリーズでなくてはいけない、というわけではありませんし、私のクライアントの中にも10シリーズ以外の流れでロルフィングを受けていらっしゃる方もいらっしゃいます。ご相談ください。

Continue Reading

Q.10シリーズを受ける利点は何でしょうか?

A.

じっくり時間をかけて、全身の筋膜のバランスだけでなく、からだへの意識や動かし方にまでケアしていくことで、その後の続効果が違います。また、10シリーズという、“はじまり”と“おわり”のあるシリーズの中でのセッションは、からだにじっくりとプロセスをふむ時間を与えてくれます。

Continue Reading

Q.10シリーズを受ける間隔は?

A.

1週間から2週間で受けられる方が多いですが、長い方では1ヶ月間隔の方までいらっしゃいます。

常に同じ周期でなくてはいけないわけではないですし、ご自身のご都合とからだに合わせて決めていただけます。

経験的には、比較的継続的な強い痛み(頭痛、腰痛など)がある方は、最初、短めの周期で受けられた方が効果が高いように感じています。1ヶ月間隔の方でも驚くほど変化をする方が多くいらっしゃいますが、そういった方は日々の中で自分のからだに意識を向けられている頻度が多いように思います。

Continue Reading

Q.セッション前後にしてはいけないことはありますか?

A.

セッション前は、飲酒、鎮痛剤の服用などはお避け下さい。

 

またセッションの内容によっては、あまりに満腹だと苦しく感じることがあります。

 

セッション後は、直後の激しい運動は気をつけた方がいいかもしれませんが、

その他に関してはからだとご相談の上、ご自身で決めていただいて構いません。

(セッション後の飲酒はまわりやすくなることがあるので、いつもよりゆっくりペースで飲み、お水もしっかりとることをおすすめします。)

Continue Reading

ポッドキャストにインタビュー公開されました

 

2018年4月3日に、Kineticosの谷佳織さんによるインタビューがポッドキャストでアップされました!

https://kinetikos.jp/th_gallery/podcast-71

Kineticosはオンラインセミナーや、海外の講師によるセミナー、身体や動きにまつわる海外からの最新情報などを伝えることをしています。(どちらかというと、トレーナーなど動きの指導者向けのセミナーが多いです)
その一環でいろいろな人にインタビューをしてポッドキャストにあげているのですが、今回は私がゲストでした。
 
佳織さんはロルファー仲間で、ロルファーになった当初から交流があり、アナトミートレインのセミナー開催で一緒に携わっていたりして、長年お世話になっています。
 ・
お話上手な佳織さんに導かれるまま、ロルファーになる前の、アメリカの大学への留学を含む、「私」という人物の形成に多分関わっているお話を引き出していただきました。私を知っている方々によれば、私らしさというか、私がどう形成されているかをとても感じる内容だったようです。
 ・
なので、セッションやワークショップ、セミナーなどを受ける前に私という人がどんな感じなのかを知りたい方にはおすすめです。ぜひお聞きください。

 

(有料セクションでは、セッションの中でお話ししていることや、昨年出版した本の中に書いたことを話しています。)

 

Continue Reading