胸腰筋膜と腎臓の重み

前回の記事に書いたように、ここしばらく、からだの中に巡らされたネットを感じながら動いています。

その中でも先日のヒットは、仰向けでの胸腰筋膜と腎臓の重みを感じての動き。

胸腰筋膜はその名の通り、背中の胸や腰あたりを覆う筋膜。筋膜には色々な形態があるけれど、この筋膜は“膜”っていう感じですね。それでもやはり、平面でぺらんと1枚ある膜という訳ではなく、ハンモックのような感じかな。

仰向けで行うエクササイズ(特にピラティスのショルダーブリッジ。ヒップレイズと言ったりもするかな)で、この胸腰筋膜とそして、腎臓の重みを感じてみたら、自然に不必要な力が抜けて、効率よく、そして伸びやかに動くことができました。胸腰筋膜はするーっとハンモックのように伸びて、そのハンモックに腎臓がお休みしているイメージです。

腎臓エリアは、多くの人にとって、ちょうど力の入ってしまいやすい場所。背面の不要な力が抜けると背骨の可動はとても良くなります。まるで水を得た魚のよう。

この胸腰筋膜と腎臓のイメージは、そもそも、その日のロルフムーブメントのクライアントに必要な動きを引き出そうとしたら出てきたイメージでした。なので、人のために掘り起こしたイメージを自分にも利用してみた感じです。とっても勉強になり、結果わたしの動きにも良い刺激になりました。

背中や腰回りが緊張しすぎていると、腎臓も冷えやすくなります。腎臓の重みはともかく、まずは、どこに腎臓があるのかをチェックしながら(だいたい、自然に腰に手を当てるところより少し上な感じです)、温めたり、背中をゆるめたり、動かしたりしてみてくださいね。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

★指導力が深まり洗練されると好評!動きの指導者のためのロルフィングセミナーシリーズ『ホリスティック・システム』第10期土曜コース@名古屋、第11期金曜コース@名古屋、募集開始!!!!

★ロルフィング予約・お問合せメールフォーム★

★ロルフィング予約状況★