身体の中は美しい網が張りめぐらされている

先日Facebookのアメリカ本部のRolf Instituteのフィードにこんな写真とこんな説明が登場しました。日本語訳はロルファー仲間であり一緒に卒業した、大阪の宮本貴代さんがつけてくれました。

「1つの体の中にある(複数の)ラインは、謎めいた構造ではありません。それらは力(各方面からのフォース)がバランスされる場所なのです」 by アイダ・ロルフ博士

(訳者補足:linesもforcesも複数形。a bodyとしているのは有機的に統合された「体」全体を指していると思われます)


その説明にあるように、身体の中は1つのラインではない、ということを、ここ数年、特にダンスの舞台復帰をしてからよく思います。

よく、筋膜を、fascial netと言ったり、spider web(蜘蛛の巣)と表現したりしますが、本当にその通り。身体の中は蜘蛛の巣が張り巡らされたように筋膜が走っています。その筋膜によって力が分配されるわけなので、ラインが1つではないし、そもそも張りめぐらされたイメージは網のような感じでもあります。

ただ、台風の目のように、動きの流れの“結果として”中心であったりラインは生まれる、というのが自然の摂理であり、受精卵から成長していく時のミッドラインであり、よく言う“軸”なんだろうなと思います。

ここ数ヶ月は、そういった身体の中の網をイメージしてダンスレッスンに参加していたりします。そうすると、動きにもボリュームが出て、特に、私の苦手な上半身を使うときに心膜が胸腔に張りめぐらされたイメージはとても効果的。

身体の中に網が張っている感じ。昔はそこまでイメージできませんでしたが、皆さんはどうですか?やってみてくださいね!イメージするのに、こちらの動画オススメです。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

★ロルフィング予約・お問合せメールフォーム★

★ロルフィング予約状況★

★指導力が深まり洗練されると好評!動きの指導者のためのロルフィングセミナーシリーズ『ホリスティック・システム』第10期土曜コース@名古屋、募集開始!